サラツヤ髪になりたい!!

MENU

見落としがちのサラツヤポイント

美髪になるには、ブラッシングをすることをおススメします。

ブラッシングは正しくおこなうと頭皮の血行を良くしたりすることでツヤのあるキレイな髪になることが出来ます。
シャンプー前にすれば、汚れが取れたり浮いて落としやすくなります。
最近あまりブラッシングをしっかりしている人が少ないので、是非ブラッシングを試してみて下さい。

 

 

ブラッシングにはブラシ選びが大切です。
ブラシによっては、ブラッシングが逆効果になってしまうので注意が必要です。

  メリット デメリット
動物の毛を使ったブラシ

髪につやが出る
静電気を抑える

毛の密集しているものは摩擦で髪を傷める
木製のブラシ

オイルが染み込んでいるものはツヤが出る
静電気を抑える

クッション性がないため、力を入れると頭皮を傷つける
ナイロン製のブラシ 安い 静電気がおきやすい
金属製のブラシ 丈夫 硬く頭皮を傷つけやすいので危険
新素材(セシオンなど)のブラシ

静電気を抑える
マイナスイオンでキューティクルを整える

力を入れると頭皮に傷が付くかも

 

おススメは動物の毛で出来ているブラシと木製のブラシ、新素材のブラシです。
木製と新素材のブラシは力を入れすぎないように優しくおこなえばOKです。
動物の毛のものはあまり毛の密集していないものを選びましょう。
それぞれデメリットはありますが、上手く使っていきましょう。

 

 

ブラッシングはただ梳かすだけではありません。
ポイントを押さえて正しくブラッシングしましょう。

 

 髪が乾燥していたら洗い流さないトリートメントや霧吹で潤す
乾燥している髪では、いくらブラッシングをしても髪に負担になるだけです。
なので、霧吹で水をつけるか洗い流さないトリートメントをつけましょう。
洗い流さないトリートメントの方が髪にツヤが出ておススメです。

 

 ゆっくり優しく
もっともブラッシングで基本的なことですが、ゆっくり優しくです。
ぱっぱと梳かしてしまうと、髪が傷つきます。
なので、ゆっくり優しく髪を傷つけないようにおこないましょう。

 

 毛先から梳かす
いきなり根元から一気に梳かすのは厳禁です。
根元から一気に梳かすと毛先が絡んでいたりすると切れ毛の原因になってしまいます。
毛先のからまったところから徐々に梳かしていきましょう。
ブラシが止まってしまうくらいからまっている時は慎重にほぐしていきましょう。

 

 前・横・後ろの順で梳かす
全体にブラシが通るようになったら、前・横・後ろの順でブラッシングしていきます。
こうすることで血行の流れが良くなります。

 

 途中で静電気がたったら一旦中止
静電気がたったままおこなうとダメージの原因になってしまうので、静電気がたってしまった時はもう一度水かトリートメントをつけましょう。

 

この5つポイントを押さえて正しいブラッシングをしましょう。